車の盗難の被害に遭うのは、その車のメーカーが
絶対に盗まれない車というものをまだ開発できてはいないから。

これに対してそれは無理でしょこのように友人達は言います。

果たして本当に無理なのでしょうか・・・

様々なカーセキュリティがあるので、自分で購入して取り付けるのも効果があると思えますが
物によってはその仕組み、構造などが、解読 理解が出来れば
簡単に突破されてしまうような気もしないわけではありません。


現代はAIの時代到来ですが
リスク、セフティーメリット、デメリットもあるわけで・・・

AIを駆使して盗難防止の策を出しても、結局はいたちごっこのような気もしています。
むしろ盗まれやすくなるような気もしないわけではありません。

世の中には、ずば抜けて頭脳が優れた人もいるわけで、上には上がいるものです。

私的に盗難防止として仕掛けをしたいところですが
保安基準に適合しない改造車とみなされるケースになると思うので、独自の防止策は出来ません。

本当に世の中には計り知れないほど上には上がいて、右に出る者はいるものです。
ですがこれから先の手口を予測しながら私は対策しています。

これはある意味、頭脳戦。

彼も含めて親友、友人達は車両保険は当たり前のように加入して
万が一の備えとして私が運転してもいいように保険は万全を期してもらっています。

全く同じ仕様の同じ車が手に入るのであればまだしも、そうではない人達は必死です。

絶対に盗まれない車というものを私はつくってみたいと思うのですが
それはあくまで自分の頭の中の設計図のお話です。

どちらにしてもいつかは いたちごっこの世界が終わればいいと思います。

絶対に盗まれない車・・・
車のメーカーが、
これをうたい文句に出来る日は訪れるのでしょうか・・・

このような会話を親友に至って真面目に話すと
その発想が他の人達とは違うとも言われてしまいました

ただ・・・だったらいいなぁーと思っただけです。

本当ですヾ(・_・*)ゞ