私は嫁姑問題などの話を聞くと、様々な思いを抱きます。

まずお嫁さんの立場から考えると、特に恋愛結婚で結ばれたのなら
何故、その彼を産んで下さったお義母様に感謝しないのでしょうか・・・

その愛する人はお義母様、そしてお義父様がいたからこそです。
常日頃からお義父様、お義母様を大事にするのは当たり前です。


そしてお義母さんの立場から考えると、お嫁さんは息子さんが愛した女性です。
何故、信じてあげられないのでしょうか・・・

何かとお嫁さんを非難するのであれば
それは息子さんを非難している事と一緒です。

確かに行動によっては気になる事もあると思いますが
その時は優しく言葉を選んで声を掛けてあげればいいだけの事です。
大事な息子さんが選んだ女性です。


その時にお嫁さんはカッとならずに、お義母様の話を思いやりを持って聞いてほしいと思います。

そしてよくあるトラブルは料理もその一つだと言えます。

私は彼のお母様の手料理を食べた事もありますが、その時に食べながら
味付けというものを意識しました。

そしてその味付けに近づけようと試行錯誤もしました。

健康管理に気を遣いながらも作って持参すると喜んで食べて頂いています。
もしかすると心優しいお母様でもあるので、気を遣って頂いているのかもしれません。


その試行錯誤ですが、これは彼にとってのものでもありましたが
子供の頃から慣れ親しんだ、馴染みがある母の手料理というものは
掛け替えのないものだったりもします。


私はお母様に彼が子供の頃に好んで食べていた料理を訊いたり、時にはレシピも教えてもらったり
彼にとっての母の味というものも追求してきました。

私が作る料理は料理で美味しいと言って、時には色々とリクエストもしてきて食べてもらえますが
やはり母の味、おふくろの味には敵わないと思っています。

このようにお母様の味を追求する事は子供の頃から料理を作るも大好きだったので
料理となると意気込み、気合いが違います。

私が作った料理を彼は喜んで食べてもらえるので、それはそれでいいとして
母の味、おふくろの味というものも大切にしながら、私は受け継いでいきたいと思っています。

最近では親友が色々とリクエストしてきますが、料理を作る事も楽しいです