ドキュメンタリー番組も好んで観ていますが
東京タワーの建築、工事に関しての歴史というものは、いつまでも心に残るものです。

現代では考えられませんが、命綱が無かったり、白黒映像を初めて観た時に
かなりの衝撃を受けたのを今でも覚えています。

運転しながら東京タワーが見えてくると、毎回のように
このようなドキュメンタリー番組を思い出します。

富山県にドライブした時には黒部ダムにしても、同じような気持ちで見つめていました。

そのような職人がいたからこその今の日本だと思っています。

ですが現代はそのような職人魂というものが薄れてきている世の中に感じています。
これは今まで幾度となく記載している事です。

ご先祖様が今の日本を知ったらきっと・・・

それは不正、不祥事・・・
そして揉み消しに対するものだったりもします。

全ては便利な世の中になって
快適な暮らしを手に入れた代償とも思っています。

人間はどうしても楽な生き方を選ぼうとすると思います。
だからこそ私はあえてアナログに拘るところが沢山あります。

昭和時代だったり、戦争の話を聞けば聞くほど
アナログでも構わないと思う時が多いです。

現代の若者は特攻隊というものすらご存知ではない人が多いと思います。
このようなものは語り継がれるべきだと思っています。


海底トンネルアクアラインにしても通る度に感謝の気持ちを私は忘れません。

そして・・・
親友、友人にしても常に感謝しています
言うまでもなくこのブログを読んで下さる人にも感謝しています

このブログを読んで下さる人へ・・・

いつも ありがとうございます